WordPressテーマ「SWELL」

今まで出会ったWordPressテーマで

最高のテーマと言っても過言ではない。

使わない理由も見当たらない。

なぜ「SWELL」が最高なテーマなのか?

その前に

なぜ、あなたはWordPressを使っていますか?

記事を書いて
サイトを訪問してもらいたいからですよね。

なんなら、そこから収入を手に入れるため
ですよね。

「SWELL」なら記事を書くが楽しくなります。

訪問者の楽しませる記事装飾も豊富です。

今まで使ってきた有料テーマの中でも
読む人も、書く人も
どちらにも優しいテーマ
それが「SWELL」なのです。

WordPressテーマ SWELL(スウェル)とは?

https://swell-theme.com/

制作者はフリーランスのフロントエンジニア 「 」さん。
SWELLの愛情を注いでいるため、月に2回くらいのペースでテーマのアップデートが行われています

そんな了さんが、「SWELL」を作る経緯を掲載しています。気になる方は下記からご覧ください。

https://note.mu/ddryo_loos/n/nbae7c58569c0

SWELLの特徴一覧

サイトのデザインはシンプルなのに美しい!

公式デモサイトをご覧ください。
※画像をクリックすると、DEMOサイトが表示されます。

SWELL DEMO SITE

SWELL DEMO 01
SWELL DEMO 02
SWELL DEMO 03
SWELL DEMO 04
SWELL DEMO 05
SWELL DEMO 06

もちろん公式サイトも「SWELL」を使用!

SWELL OFFICIAL SITE

デモサイトのデザインに着せ替えるためのデータも配布されています!

サイトの設定は、テーマカスタマイザーでほとんどが完成します。

※音は出ません。

Gutenberg・ブロックエディターに完全対応!

記事作成に旧エディター(クラシックエディター)を使っているなら、SWELLテーマに変更することを強くおすすめします。

なぜなら、ブログやアフィリエイトで最も大切なのが「記事作成」。

旧エディターで記事を作成するより、ブロックエディターで作成するほうが「圧倒的に効率がいい」からです。

効率よく記事が書けると、記事作成が楽しくなり、記事を量産できます。

記事が少ないサイトはどうしても「信頼性」に欠けますから。

※音は出ません。

SWELLオリジナルブロック

記事執筆や装飾に役立つ「SWELL専用ブロック」が用意されています。「ふきだし」「ボタン」「ステップ」など、種類も豊富で使い方も簡単です。SWELL専用ブロック一覧がこちら。

旧エディター(クラシックエディター)にも対応済み

ただし、旧エディターは「2022年に終了予定」です。

ウィジェットエリアも豊富!

ウィジェットエリアが少ない場合、訪問者に対してのアピールが不十分になり、結果そのページのみを閲覧後に去られてしまいます。逆にウィジェットエリアが多い場合は「どこに何を表示させればいいのか?」と、迷ってしまいます。
SWELLは豊富かつ的確な場所にウィジェットエリアが存在しているので、「訪問者の離脱」や「収益に関しての戦略」が練りやすい。SWELLのウィジェットエリアが以下になります。

収入を生み出す仕組みも簡単!

ブログやアフィリエイトをするならば、やっぱり「収入」は欲しいですよね。

少しでも「稼ぎたい!」ですよね。

SWELLでは、「Google Adsenseを使った広告」や、「アフィリエイトで収入を得たい!」という方に向けての機能もしっかり備えています。

  • 広告タグ管理機能(ランキング形式での表示も可)
  • 管理中の広告タグを簡単に呼び出せる専用ブロック
  • インフィード広告の設置
  • 記事内広告の簡易呼び出し
  • PC/スマホで出し分け可能な広告ウィジェットアイテム
  • 自動広告ユニット専用の設定項目も用意
  • アドセンス申請コードもカスタマイザーで簡単設置
  • ads.txtファイルの編集機能

広告を「作成」「管理」するフィールドがあるので、1度広告を作成すれば記事内で使いまわしが可能になります。

また、記事内での呼び出しも広告ブロックがあるので簡単に表示させることができます。

高速化機能は圧巻・・・

サイトの表示速度、ページ移動速度が遅ければ訪問者の離脱もそれだけ上がります。

・表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇

・表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇

・表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇

・表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇

・表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇

・ページの要素(テキストやタイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、コンバージョン率は95%下がる

表示速度が1秒→7秒で直帰率は113%↑、モバイル向けサイトのUXはとにかくスピードが命 | 海外SEO情報ブログ

サイトを表示させる速度は「最低3秒以内」です。世間では「2秒以内が望ましい」とも言われています。

SWELLでは高速化対策として以下の機能が存在します。

ファーストビュー対策
  • 動的なCSSや複雑なパーツのキャッシュ機能
  • ページ下部にあるコンテンツの遅延読み込み
  • 画像・動画・iframeへ自動でLazyload付与
  • メインスタイルのインライン読み込み
ページ移動速度対策
  • Prefetch機能
  • Pjax機能

上記設定は「任意」で行えるため、自分のサイトに合った高速化が自由に選択できます。

その他の便利な機能

SWELLで出来ること
  • LP専用の投稿タイプ
  • ふきだしセットの登録機能
  • 好きなコンテンツをどこからでも呼び出せるブログパーツ機能
  • 記事一覧リストのタブ分け機能
  • 豊富な記事一覧リストレイアウト
  • アイキャッチ画像にYoutube動画が利用できる
  • 記事内画像はクリックで拡大表示可能
  • 目次の自動生成
  • 文字にマーカーを付ける
  • SNSシェアボタン
  • Twitterフォロー・Facebookのいいねボタン
  • 投稿ごとに各パーツの表示・非表示ができる
  • アイコン用ショートコード
  • 評価スター(
  • Font Awesomeの簡単読み込み
  • お知らせバー
  • ヒーロヘッダー
  • 追従ヘッダー
  • 追従サイドバー
  • スマホ用ヘッダーメニュー
  • スマホ用フッター固定メニュー
  • カスタマイザーのリセット機能
  • etc…

SWELLの販売価格・動作環境

2020年4月現在の販売価格は「¥17,600円(税込)」です。

他の有料テーマと価格のみで比べると「高い」と思われがちですが

「SWELLの機能」や「テーマのアップデートの頻度」を考えると

販売価格は「適正」いや「安い」のかもしれない。


しかし、SWELLの特徴のほんの一部を見ていただき、まだ「高い」とお思いでしたら

SWELLとは縁がないのでしょう。

購入はしないでください。


以下に「販売価格」や「動作環境」の表を記載しています。

商品名WordPressテーマ SWELL
販売価格¥17,600(税込)
(※ お支払いは一度限りです。月額や年額ではありません。)
販売元LOOS WEB STUDIO
動作環境PHP 7 以上

WordPress 5.2 以上 (推奨:5.3 ~)

※ 推奨バージョン未満では、ブロック機能が一部使えません。
対応ブラウザ・Edge・Chrome・Firefox・Safari 最新版
・IE11(一部のCSS表現が使えません。また、編集側は非対応です。)
決済方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )
または
銀行振込
ライセンスSWELLはGPL100%テーマです。
ライセンス制限はなく、複数サイトでご自由にご利用頂けます。

SWELLかそれ以外か

さまざまな有料テーマを使いましたが、記事作成時の装飾などが難しすぎて「挫折」ばかりをしていました。

「有名な方が作られたテーマ」も例外ではありませんでした。

決して自分に合っているとは限りません。


ただ、私はSWELLに出会い

初めて「Wordpressが楽しい!」と実感をしました。

こんなにも「読み手」と「書き手」に優しいテーマがあるなんて・・・


今、テーマ選びで悩んでいるなら

SWELLも選択肢に入れてください。

いや、SWELLを選択してください。

WordPressテーマは「SWELL」か「それ以外」って言えるくらい

SWELLは素晴らしい作品になっています。


もし、本気で行動をしたいのなら

その一歩が今なのかもしれないです。

WordPressテーマ「SWELL」

今まで出会ったWordPressテーマで

最高のテーマと言っても過言ではない。

使わない理由も見当たらない。